基礎をテーマに音楽の深さに迫る オンライン音楽レッスン

 オンライン音楽レッスン
作曲家,音楽プロデューサー江藤雅樹(えとうまさき)

~心が響きあい、体温が伝わる生きた音楽の授業がオンラインで始まります~

ハリウッドスターのコリン・チョウ主演映画「Reason of Life」の音楽監督や、フジテレビ「奇跡体験アンビリバボー」主題歌を手掛けるなど、音楽業界、映画・広告業界で作曲家、プロデューサーとして活躍する傍ら、外務省派遣で日本とロシアの友好親善のための音楽による文化交流を繰り広げる江藤雅樹が、音楽の力、魅力を演奏や創作の基礎を題材に、初心者にもわかりやすくレクチャーするオンラインレッスン。

理論に偏らず基礎なのにとても深い音楽の世界。新しい音楽の楽しみ方、喜びにきっと出逢えます!
Youtube動画などとは違った完全対面型。

お問い合わせはこちら

レッスンお申し込みフォームはこちら

こんな方にオススメ

・歌や演奏の表現力を身につけたい
・作曲に役立つノウハウを学びたい
・楽譜を読んで歌えるようになりたい
・学生に指導するための知識を得たい
・音楽が大好き。基礎から音楽を学んでみたい

「間違えだらけの4拍子!」(1:14~)
「倍音の中に響く音階、ドリア旋法」(4:03~)
「倍音の響きの力がコード進行を生み出す」(5:50~)
「誰にでもできるアナグラムという作曲法」(7:26~)

(ベーシックコースの主なテーマ)

・テンポ、ビート、拍子
間違いだらけの4拍子!
リズムの基本である失われたテンプスを取り戻すと、劇的に変わる音楽のノリ。

・和音の発見。倍音の魅力
音の共鳴に響く自然倍音の中にドミソを発見。
トライトーンの自然な力がコード進行を生み出す。

・音階はどこから生まれたのか?
メロディーの根幹となる音階の成り立ち。
自然倍音の中に響いているドリア旋法という音階。

・コード進行の基本
カデンツという進行から発展していくドラマティックなハーモニーの世界。

・アナリーゼの基本
符号化された楽譜という暗号から何を読み取るか?楽譜の解釈次第でぜんぜん変わる音楽。

・作曲に挑戦!
アナグラムという誰にでもできる作曲技法。

レッスン代(ベーシックコース)

一般月謝11,000円
大学生月謝 8,800円
中高生月謝 5,500円
少しでも若い方が学びやすいように学生割引を設けています。

音楽仕様の高音質Zoomによるオンラインレッスン
月2回(金曜or土曜日19:30~日程は随時決定) 1レッスン60分~90分(質疑応答含む)

~リアルタイムの方が高音質・高画質で体験出来ますので、リアルタイムでの受講を強くお勧めしますが、どうしても予定の合わない方は録画での受講も可能です~

レッスン受講のお申し込みフォームはこちら

電話でのお問い合わせ | 03-5941-9996

講師プロフィール

作曲家,音楽プロデューサー / 江藤雅樹(えとうまさき)

兵庫県神戸市生まれ。作曲家の祖父江藤輝、作曲家の父江藤誠仁右衛門、ピアニストの祖母 江藤支那子、ピアニストの母江藤真理子の下に生まれ、幼い頃から音楽を学び、 ピアノ・ヴァイオリン・作曲・ヴォーカルなどを習得する。オーディション合格をきっかけに15歳で神戸から上京し、シンガーソングライター 、コンポーザーとして音楽業界でのキャリアをスタート。1998年リーダーバンド Isis-fam(イシスファム)を結成。日本各地で演奏活動を行い、「Daddy~The movementof the fetus~ 」 「at home smile」の2枚のフルアルバムをリリース。

1998年に現在の株式会社ビッグメイドミュージックの前身スタジオビッグメイドを設立。作曲編曲家としてキャリアを積み、近年は国内外、メジャー・インディーズを問わず歌手の作品プロデュースや、映画(日本台湾合作映画「アディクトの優劣感」/ハリウッドスターのコリン・チョウ主演「Reason of Life」、たじまなおこ|イ・サガン共同演出「いつか会える日まで」など)の音楽や、ネスレ、MideaP&G住友化学ホーユー、ジブラルタ生命など国内外の有名企業CM・VPなど、多種多様なフィールドで数多くの作品を担当している。

CIM(国際音楽療法センター)をはじめ各国の音楽療法の成果を長年独自に研究し、独自に開発した倍音を共鳴させるピアノの特殊奏法や、チベットの楽器シンギングボウルを取り入れるなど、新たなリラクゼーションのためのヒーリング音楽にも取り組み、石笛奏者・若月佑輝郎氏と共にGarjueの名義でジブリ公式カバーアルバム「祈り~GHIBLI de LOVE THE WORLD & NATURE~」をリリースするなど、ヒーリングミュージックの分野でも50作以上の作品を送り出している。

2014年以降は能楽や邦楽など日本の古典芸能とのコラボレーションに取り組み、新たに作曲した「宙の舞」「羽衣」は、ウズベキスタン(ナボイ劇場)、カザフスタン、キルギス共和国、ベルギー、アメリカ(ハリウッド)、フランス(パリ)をはじめ、世界各国の国際交流事業で好評を得ている。

2018年12月に極東ロシアのユジノサハリンスク市、ホルムスク市、ウラジオストク市で行われた、「ロシアにおける日本年」日露友好親善能楽公演には自身もピアノで参加。現在は一般社団法人日本芸術文化友好親善協会の理事長として、外務省主催の日露友好親善文化交流のため、年間通じてロシアでのコンサートツアーも行い、2020年2月にはロシアサハリン州政府と在ユジノサハリンスク日本国総領事館からの招聘のもと、現地オーケストラと共演。また、ロシア在住の歌手アナスタシア・トリフォノバの世界デビューにおいて楽曲プロデュースも手掛ける。

Солнце ТВより(サハリンのテレビ局による江藤雅樹ロシア合同オーケストラコンサートの特集)

2020年2月にロシア・ユジノサハリンスク市チェーホフ劇場で行われた日露合同オーケストラ・コンサート